朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.07.03

会社案内

脳と睡眠

脳と睡眠
立ち読み

A5/224ページ/2009年02月25日
ISBN978-4-254-10215-4 C3040
定価4,860円(本体4,500円+税)

北浜邦夫 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

本書は,ヒトや動物にとって重要な生理現象である睡眠・覚醒を司る脳の仕組みを,最新の知見も含めてわかりやすく解説する。〔内容〕睡眠・覚醒の系統発生/睡眠物質と神経メカニズム/視床下部と睡眠・覚醒/オレキシンと覚醒/他。[立ち読み]もご覧ください。

目次

1.睡眠という現象─本書のあらすじ 
 
2.ヒトの睡眠 
2. 1 脳波像からみたヒトの睡眠 
2. 2 徐波睡眠時の脳の活動
2. 3 レム睡眠 

3.睡眠・覚醒の系統発生  
3. 1 脳の進化と睡眠 
3. 2 哺乳類と鳥類の睡眠 
3. 3 エネルギーバランス 
3. 4 眠らないように見える動物 
3. 5 爬虫類以下の脊椎動物 
3. 6 昆虫 

4.睡眠物質と神経メカニズム  
4. 1 眠らないとどうなるか 
4. 2 睡眠物質  
4. 3 プロスタグランジンD2(PGD2) 
4. 4 PGD2とアデノシン  
4. 5 プロスタグランジンE2  
4. 6 睡眠細胞の活性化 
4. 7 レム睡眠の必要性とレム睡眠誘発物質 
4. 8 問題点 

5.睡眠と脳内の主な神経伝達物質  
5. 1 神経間の情報伝達について 
5. 2 ドパミン 
5. 3 アドレナリンとノルアドレナリン 
5. 4 セロトニン 
5. 5 ヒスタミン 
5. 6 アセチルコリンと一酸化窒素 
5. 7 グルタミン酸,GABA,グリシン 
5. 8 研究方法 

6.視床と大脳新皮質  
6. 1 覚醒と意識 
6. 2 新皮質の働き 
6. 3 視床と大脳新皮質との相互作用  
6. 4 新皮質の活性化(賦活) 
6. 5 意識の扉(ゲーティング)  
6. 6 嗅覚のゲーティング  
6. 7 睡眠中のゲートの開閉 
6. 8 視床は覚醒に必要不可欠なのか 
6. 9 他の覚醒系からの影響 

7.下位脳幹と睡眠・覚醒  
7. 1 新皮質と覚醒 
7. 2 脳幹網様体 
7. 3 上行性脳幹網様体賦活系 
7. 4 脳幹網様体は覚醒を引き起こすのか 
7. 5 延髄抑制系 
7. 6 切断実験と問題点 

8.視床下部と睡眠・覚醒  
8. 1 出発点 
8. 2 研究の歴史 
8. 3 Economoの症例報告 
8. 4 視床下部と覚醒・睡眠 
8. 5 前部視床下部  
8. 6 後部視床下部 
8. 7 ヒスタミンと覚醒 
8. 8 脳幹網様体とヒスタミン細胞の相互関係 

9.オレキシン(ヒポクレチン)と覚醒  
9. 1 摂食中枢と覚醒 
9. 2 オレキシンとナルコレプシー 
9. 3 オレキシン神経系と覚醒・睡眠 
9. 4 オレキシン神経系と他のシステムとの相互作用 

10.前脳基底部と生体時計  
10. 1 もう一つの覚醒中枢  
10. 2 前脳基底部とアセチルコリン 
10. 3 前脳基底部と下位脳幹の相互作用  
10. 4 睡眠と日内リズム 
10. 5 徐波睡眠発生メカニズムのまとめ 

11.レム睡眠とその現象  
11. 1 ヒトでのレム睡眠の発見 
11. 2 レム睡眠の動物での発見 
11. 3 新皮質の脱同期 
11. 4 急速眼球運動REMとPGO波  
11. 5 海馬θ波  
11. 6 レム睡眠・覚醒時の脳イメージング 

12.レム睡眠の発生メカニズム  
12. 1 レム睡眠は橋で発生する  
12. 2 橋のアセチルコリン神経系とレム睡眠 
12. 3 REM-off(PS-off)細胞  
12. 4 何がREM-off細胞を抑制するのか  
12. 5 延髄とレム睡眠 
12. 6 視床下部からの制御 
12. 7 扁桃核からの制御 
12. 8 レム断眠とc-fosタンパク質の発現および問題点 

13.レム睡眠時の筋弛緩の中枢機序  
13. 1 夢で走っても動かないのはなぜか 
13. 2 夢幻様行動 
13. 3 筋弛緩の中枢機序  
13. 4 ナルコレプシーにおける脱力発作  

14.自律神経系および陰茎の勃起  
14. 1 自律神経系の嵐  
14. 2 循環機能  
14. 3 呼吸機能 
14. 4 体温調節  
14. 5 レム睡眠時の陰茎勃起  

15.個体発生と神経系の可塑性  
15. 1 新生児のリズムの発達 
15. 2 神経系の可塑性と発達 
15. 3 遺伝と環境  
15. 4 レム睡眠断眠と発達障害,気分障害 
15. 5 老化と睡眠  

全体のまとめとあとがき 
引用文献 
参考文献・総説 
索引