朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.09.07

会社案内

ジャンル統計応用統計

すべての医療系学生・研究者に贈る独習統計学応用編24講 ─分割表・回帰分析・ロジスティック回帰─

独習統計学応用編24講

A5/248ページ/2016年10月25日
ISBN978-4-254-12217-6 C3041
定価3,780円(本体3,500円+税)

鶴田陽和 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

好評の「独習」テキスト待望の続編。統計学基礎,分割表,回帰分析,ロジスティック回帰の四部構成。前著同様とくに初学者がつまづきやすい点を明解に解説する。豊富な事例と演習問題,計算機の実行で理解を深める。再入門にも好適。

目次

1. 基本編
 第1講 統計学の基本
 第2講 標本の集計と標本の分布
 第3講 母集団の分布
 第4講 区間推定
 第5講 仮説検定

2. 分割表編
 第6講 χ2分布―母分散の信頼区間はどうやって計算するの?―
 第7講 適合度の検定―このサイコロはイカサマでは?―
 第8講 尤度比検定
 第9講 四分表の確率モデル
 第10講 Fisherの正確検定
 第11講 独立性の検定―相似検定と漸近的な方法―
 第12講 適合度の検定と独立性の検定:手法の選択

3. 回帰分析編
 第13講 共分散と相関係数
 第14講 単回帰
 第15講 偏相関係数
 第16講 重回帰

4. ロジスティック回帰編
 第17講 オッズ比と相対危険度―リスクの指標―
 第18講 リスクの相乗モデルとロジスティック回帰
 第19講 ロジスティック回帰(1)―説明変数のモデル化―
 第20講 ロジスティック回帰(2)―数値計算上の問題―
 第21講 ロジスティック回帰(3)―計算結果の見方―
 第22講 バイアス,交絡,交互作用
 第23講 変数選択
 第24講 診断・検査とROC曲線

参考図書/付表/索引

  関連本

すべての医療系学生・研究者に贈る 独習 統計学24講

ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。

web付録(1965.2KB・)

本書中の演習問題の解答、補足説明、プログラムなどのデータがあります。