朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.04.26

会社案内

シリーズ: 現代物理学[基礎シリーズ] 1

量子力学

量子力学
立ち読み

A5/232ページ/2008年04月15日
ISBN978-4-254-13771-2 C3342
定価3,672円(本体3,400円+税)

倉本義夫 ・江澤潤一 著

教科・科目 : 物理学

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

基本的な考え方を習得し,自ら使えるようにするため,正確かつ丁寧な解説と例題で数学的な手法をマスターできる。基礎事項から最近の発展による初等的にも扱えるトピックを取り入れ,量子力学の美しく,かつ堅牢な姿がイメージされる書。[立ち読み]もご覧ください。

目次

1. なぜ量子力学か?
 1.1 粒子と波動の二重性
 1.2 物質波
 1.3 波の重ね合わせとシュレーディンガー方程式
 1.4 正準交換関係
2. 確率解釈
 2.1 確率波
 2.2 確率の保存と確率密度流
 2.3 物理量の期待値
 2.4 波束と不確定性原理
 2.5 ゼロ点振動
3. 井戸型ポテンシャル中の束縛状態
 3.1 無限に高い井戸
 3.2 1次元ポテンシャル問題の一般的性質
 3.3 量子井戸の束縛状態
 3.4 デルタ関数型ポテンシャル
 3.5 二重量子井戸
 3.6 トンネル効果
4. 粒子の反射と透過
 4.1 平面波と連続スペクトル
 4.2 ポテンシャルの階段
 4.3 ポテンシャル障壁とトンネル効果
 4.4 周期的ポテンシャル
5. 量子力学とベクトル空間
 5.1 ブラケット表記
 5.2 ヒルベルト空間
 5.3 観測可能量
 5.4 不確定性関係
 5.5 同時観測可能量
6. 状態の表現と時間発展
 6.1 座標表示と運動量表示
 6.2 シュレーディンガー描像とハイゼンベルグ描像
 6.3 一般の正準形式と量子化
 6.4 対称性と保存則
7. 調和振動子
 7.1 演算子法
 7.2 エルミート多項式
 7.3 不確定性関係
 7.4 コヒーレント状態
 7.5 振動する波束
8. 角運動量
 8.1 角運動量の量子化
 8.2 極座標表示
 8.3 回転の生成子
 8.4 球面調和関数
 8.5 球面調和関数の完全性と加法定理
 8.6 スピン
 8.7 角運動量の合成
 8.8 ベクトル演算子
9. 球対称ポテンシャル系
 9.1 中心力ハミルトニアン
 9.2 パリティ
 9.3 水素原子
 9.4 ケプラー問題
10. 近似方法
 10.1 摂動論
 10.2 シュタルク効果への応用
 10.3 変分法
 10.4 準古典近似
 10.5 任意のポテンシャルに対するトンネル確率
11. 磁場中の荷電粒子
 11.1 ゲージ不変性
 11.2 中心座標と相対座標
 11.3 ランダウ量子化
 11.4 ゼーマン効果と反磁性
 11.5 スピンの歳差運動
 11.6 アハラノフ--ボーム効果
12. 電磁場の量子論
 12.1 弦振動の正準形式と量子化
 12.2 古典電磁場の正準形式
 12.3 電磁場の量子化
 12.4 光と物質の相互作用
13. 量子力学的遷移
 13.1 時間に依存する摂動
 13.2 遷移確率の黄金律
 13.3 散乱の量子力学的記述
 13.4 ラザフォード散乱
 13.5 S行列とT行列
 13.6 光の放出と吸収
 13.7 光電効果
14. 多体系の量子力学
 14.1 同種粒子
 14.2 電子対の波動関数
 14.3 交換相互作用
 14.4 生成・消滅演算子
15. ハミルトニアンの因子化と超対称性
 15.1 因子分解法の発展
 15.2 スピンをもつ調和振動子
 15.3 擬スピン空間
 15.4 超対称パートナーの逐次構成
 15.5 球面波の動径波動関数
 15.6 水素原子の動径波動関数
 15.7 井戸型ポテンシャルの超対称パートナー
16. 観測,量子もつれ,量子計算
 16.1 アインシュタインの挑戦
 16.2 ベルの不等式
 16.3 もつれたスピンの相関
 16.4 光子のもつれ状態
 16.5 量子計算の原理

A. 量子力学で用いる単位系
 A.1 SI単位系
 A.2 CGSガウス単位系
 A.3 自然単位系
 A.4 原子単位系

索引