朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.10.16

会社案内

酵素ハンドブック (第3版) 〔CD-ROM付〕

酵素ハンドブック

B5/1012ページ/2008年05月30日
ISBN978-4-254-17113-6 C3045
定価51,840円(本体48,000円+税)

八木達彦 ・福井俊郎 ・一島英治 ・鏡山博行 ・虎谷哲夫 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

国際生化学分子生物学連合の命名委員会が出版したEnzyme Nomenclature Recommendation 1992とSupplement 5(1999)に記載されている酵素約3300を網羅。それぞれの酵素について反応,測定法,所在,構造と性質,などについて最新の知見を要点的に記載。また,立体構造については付属のCD-ROMに記載。〔内容〕酸化還元酵素,トランスフェラーゼ(転移酵素,移転酵素),加水分解酵素,リアーゼ(脱離酵素),イソメラーゼ(異性化酵素),リガーゼ(シンテターゼ,合成酵素)

執筆者一覧

【編集委員】
八木達彦,福井俊郎,一島英治,鏡山博行,虎谷哲夫
【執筆者(50音順)】
赤沼宏史,安藝謙嗣,浅田浩二,浅野泰久,芦内 誠,足立収生,跡見晴幸,阿部敬悦,池田直樹,池田義孝,石浜 明,泉井 桂,和泉好計,伊藤伸哉,伊藤俊樹,伊藤美千穂,稲垣賢二,乾  博,井上國世,井上慎也,井上秀夫,井上正康,伊原伸治,井原秀之,井本泰治,岩本凉子,植野洋志,宇根瑞穂,江川祥子,江口裕伸,江國敦子,江崎信芳,遠藤康男,大岡宏造,大久保陽子,大島研郎,大島泰郎,大城 隆,大西正健,近江谷克裕,岡島俊英,岡田嚴太郎,尾形真理,岡本光弘,小川宏文,奥田拓道,小澤 潔,小俣義明,鏡山博行,笠井佐夫,笠原恵美子,数馬 聡,堅田利明,加藤倫子,加藤康夫,加藤陽治,川口昭彦,川嵜敏祐,川島誠一,河田康志,川向 誠,北田学利,葛山智久,熊谷 泉,熊谷英彦,倉光成紀,黒坂 光,黒澤信幸,高 叢笑,児玉恵理,後藤知己,小林幹彦,米田英伸,古山種俊,小代田宗一,是金宏昭,近藤寛樹,斉藤貴志,齋藤忠夫,佐伯武髻ず膰供ゞ僉ず簗邱ス,坂本 寛,崎山晴彦,笹井 研,佐藤文彦,渋川幸直,清水 昌,新谷尚弘,菅谷純子,鈴木健二,鈴木 隆,鈴木康夫,千田俊哉,左右田健次,鷹羽武史,高橋研一,高橋康弘,高宮里奈,滝田禎亮,武田誠郎,武森重樹,田嶋正二,田鶴谷(村山)惠子,田中渥夫,田中俊雄,田中英彦,棚瀬純男,谷口直之,谷口 肇,谷口 誠,谷澤克行,田村 隆,柘植治人,辻 明彦,円谷陽一,外村辨一郎,飛松孝正,虎谷哲夫,中川紀子,長澤 透,中島 佑,中野長久,中野法彦,中原 晋,中山 亨,西川政勝,西野武士,西野徳三,野口正人,野田勝久,服部光治,林 秀行,林 力丸,原  明,左 一八,平賀紘一,広津 建,福居俊昭,福井俊郎,福田恵温,福山恵一,藤井恒子,藤井 豊,藤本幸男,藤原健智,藤原範子,二井將光,古本 強,古谷榮助,古屋禎佑,邊見 久,堀池喜八郎,堀内正久,本多義昭,増井良治,松下一信,松田佳子,丸山清史,三浦 洌,御子柴克彦,美崎英生,水村 光,味園春雄,満倉浩一,南浦能至,三原久明,三間穣治,宮原郁子,三輪匡男,宗村 修,村松 喬,室岡義勝,本川雄太郎,森 正敬,森本康一,八木達彦,八木年晴,山形洋平,山口幸洋,山地亮一,山下克子,山下 哲,山下光雄,山田和子,山中健生,山村博平,山本健二,山本憲二,山本 覚,山本尚三,横沢英良,横田明穂,吉田 孝,吉田豊和,吉野昌孝,吉松勝彦,吉村 徹,芳本 忠,頼田和子,渡部紀久子,渡辺多絵,渡邉剛志,渡辺泰裕
山西 守
(CD-ROM制作協力)

目次

1. 酸化還元酵素(オキシドレダクターゼ,Oxidoreductase) 
1.1 CH-OHを供与体とする酵素 
1.2 カルボニル基を供与体とする酵素 
1.3 CH-CHを供与体とする酵素 
1.4 CH-NH 2を供与体とする酵素 
1.5 CH-NHを供与体とする酵素 
1.6 NADHまたはNADPHに作用する酵素 
1.7 他の含窒素基を供与体とする酵素 
1.8 硫黄を含む基を供与体とする酵素 
1.9 ヘムを供与体とする酵素 
1.10 ジフェノールまたは関連化合物を供与体とする酵素 
1.11 過酸化物を受容体とする酵素 
1.12 H 2を供与体とする酵素 
1.13 単一の供与体に作用して分子状酸素を取込む酵素(オキシゲナーゼ) 
1.14 二つの供与体に作用して分子状酸素を取込む酵素 
1.15 スーパーオキシドラジカルを受容体とする酵素
1.16 金属イオンを酸化する酵素 
1.17 CHまたは CH 2に働く酵素
1.18 鉄硫黄タンパクを供与体とする酵素 
1.19 還元型フラボドキシンを供与体とする酵素 
1.20 供与体のリンまたはヒ素に働く酵素 
1.21 X-HとY-Hに働きX-Y結合を生成する酵素 
1.97 他の酸化還元酵素 

2. 転移酵素(トランスフェラーゼ,Transferase)
2.1 C 1基を転移する酵素 
2.2 カルボニルを含む基を転移する酵素 
2.3 アシル基を転移する酵素
2.4 グリコシル基を転移する酵素 
2.5 メチル以外のアルキル基またはアリール基を転移する酵素 
2.6 窒素を含む基を転移する酵素
2.7 リンを含む基を転移する酵素 
2.8 硫黄を含む基を転移する酵素 
2.9 セレンを含む基を転移する酵素 

3. 加水分解酵素(ヒドロラーゼ,Hydrolase) 
3.1 エステル結合に作用する酵素 
3.2 グリコシル化合物に作用する酵素 
3.3 エーテル結合に作用する酵素
3.4 ペプチド結合に作用する酵素(ペプチダーゼ)
3.5 ペプチド以外の C-N結合に作用する酵素 
3.6 酸無水物に作用する酵素 
3.7 C-C結合に作用する酵素 
3.8 炭素 -ハロゲン結合に作用する酵素 
3.9 P-N結合に作用する酵素 
3.10 S-N結合に作用する酵素 
3.11 C-P結合に作用する酵素 
3.12 S-S結合に作用する酵素 
3.13 C-S結合に作用する酵素 

4. 脱離酵素(リアーゼ,Lyase)
4.1 C-Cリアーゼ 
4.2 C-Oリアーゼ 
4.3 C-Nリアーゼ 
4.4 C-Sリアーゼ 
4.5 炭素 -ハロゲンリアーゼ 
4.6 P-Oリアーゼ 
4.99 他のリアーゼ 

5. 異性化酵素(イソメラーゼ,Isomerase) 
5.1 ラセマーゼ,エピメラーゼ 
5.2 cis-transイソメラーゼ 
5.3 分子内オキシドレダクターゼ
5.4 分子内転移酵素(ムターゼ)
5.5 分子内リアーゼ 
5.99 他のイソメラーゼ 

6. 連結酵素(合成酵素) 
(リガーゼ,Ligase)
6.1 C-O結合を生成する酵素 
6.2 C-S結合を生成する酵素 
6.3 C-N結合を生成する酵素 
6.4 C-C結合を生成する酵素 
6.5 リン酸エステル結合を生成する酵素 
6.6 窒素 -金属結合を生成する酵素