朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.03.17

会社案内

改訂新版基礎機械材料学

基礎機械材料学

A5/256ページ/2008年08月25日
ISBN978-4-254-23126-7 C3053
定価4,104円(本体3,800円+税)

金子純一 ・須藤正俊 ・菅又信 編著

教科・科目 : 機械工学

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

好評の旧版を全面的に改訂。〔内容〕物質の構造/材料の変形/材料の強さと強化法/材料の破壊と劣化/材料試験法/相と平衡状態図/原子の拡散と相変化/加工と熱処理/鉄鋼材料/非鉄金属材料/セラミックス/プラスチック/複合材料

執筆者一覧

【執筆者】
藤原雅美,今村仙治,菅又信,森 康彦,小野沢元久,伊藤邦夫,金子純一,柴田文男,嵯峨常生,須藤正俊,山本恵一,出井裕,山部昌,中田政之 
(執筆順)

目次

1. 物質の構造
 1.1 原   子
 1.2 元素の周期表
 1.3 原子の電子配置
 1.4 原子の結合
 1.5 原子間力と物性
 1.6 結晶の構造
 1.7 金属の結晶構造
 1.8 固体の密度
 1.9 結晶の幾何学
 1.10 X線による結晶構造解析
 1.11 格子欠陥
 1.12 アモルファス固体・準結晶

2. 材料の変形
 2.1 応力とひずみ
 2.2 弾性と擬弾性
 2.3 塑性変形
 2.4 結晶のすべり変形と転位
 2.5 加工硬化
 2.6 すべり変形以外の変形機構
 2.7 温度と変形速度の影響

3. 材料の強さと強化法
 3.1 材料の強さ
 3.2 弾性係数と原子間結合力
 3.3 結晶の欠陥と材料の強さ
 3.4 合金化による強化
 3.5 複合強化

4. 材料の破壊と劣化
 4.1 材料の信頼性
 4.2 延性破壊と脆性破壊
 4.3 破壊靭性
 4.4 疲労破壊
 4.5 金属材料の腐食
 4.6 ポリマー材料の劣化

5. 材料試験法
 5.1 引張試験
 5.2 硬さ試験
 5.3 衝撃試験
 5.4 破壊靭性試験
 5.5 疲労試験
 5.6 クリープ試験
 5.7 摩耗試験
 5.8 その他の試験
 5.9 非破壊試験

6. 相と平衡状態図
 6.1 状態変化の方向
 6.2 1成分系状態図
 6.3 2成分系状態図
 6.4 3成分系状態図
 6.5 自由エネルギーと状態図

7. 原子の拡散と相変化
 7.1 固体中の原子の移動
 7.2 フィックの法則
 7.3 結晶中の拡散と拡散係数
 7.4 拡散の種類と経路
 7.5 拡散と材料
 7.6 相変化と材料プロセス
 7.7 拡散型相変化
 7.8 マルテンサイト変態

8. 加工と熱処理
 8.1 材料プロセスと材料特性
 8.2 熱処理
 8.3 鋼の熱処理
 8.4 加工熱処理
 8.5 析出硬化型合金の熱処理

9. 鉄鋼材料
 9.1 鉄鋼の分類
 9.2 Fe-C系平衡状態図と炭素鋼組織・機械的性質
 9.3 炭素鋼
 9.4 低合金鋼
 9.5 高合金鋼
 9.6 鋳鉄と鋳鋼
 9.7 鉄鋼材料の腐食と防食

10. 非鉄金属材料
 10.1 アルミニウムとその合金
 10.2 銅およびその合金
 10.3 チタンとその合金
 10.4 マグネシウムとその合金
 10.5 特殊合金材料

11. セラミックス
 11.1 セラミックスの結晶構造と材質
 11.2 セラミックスの作製プロセス
 11.3 セラミックスの特性とその用途
 11.4 今後のセラミックス材料の動向

12. プラスチック
 12.1 プラスチックの分類
 12.2 高分子材料の特性
 12.3 プラスチックの成形方法
 12.4 プラスチック成形とそのコスト
 12.5 近年の技術開発動向・課題

13. 複合材料
 13.1 複合材料の分類
 13.2 複合材料の特性
 13.3 強化材とその特性
 13.4 プラスチック基複合材料
 13.5 金属基複合材料

付   表
索   引