朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2020.08.07

会社案内

楽しく学ぶ破壊力学

破壊力学

A5/144ページ/2020年04月05日
ISBN978-4-254-23148-9 C3053
定価2,530円(本体2,300円+税)

成田史生 ・大宮正毅 ・荒木稚子 著

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

機械・材料系の破壊力学・材料強度学テキスト。〔内容〕材料の変形と破壊/孔まわりの応力は?/ひずみエネルギーと破壊/クラック先端の応力は?/クラックまわりの塑性変形/クラックに対する材料の抵抗/材料だって疲労する?/付録:理論強度ってなに?,八面体せん断応力ってなに?,J積分ってなに?

編集部から

章末問題解答は2020年8月末ごろアップロード予定です.

目次

第1章 材料の変形と破壊
 1.1 材料の挙動―巨視レベルと微視レベル
 1.2 応力とひずみの役割
 1.3 降伏と破壊―材料が降参して白旗を振るとき
 1.4 応力とひずみの関係―変形のしにくさ
 1.5 脆さとねばさ
 1.6 圧縮を受ける構造から引っ張りを受ける構造へ
 1.7 破壊力学の誕生
演習問題

第2章 孔まわりの応力は?
 2.1 応力の集中―破壊の出発点
 2.2 円孔
 2.3 楕円孔
 2.4 鋭い切欠き
演習問題

第3章 ひずみエネルギーと破壊
 3.1 エネルギーの概念からクラックを考える
  3.1.1 弾性ひずみエネルギー
  3.1.2 平板のひずみエネルギーとクラックの表面エネルギー
  3.1.3 外力の仕事とクラックの進展
 3.2 エネルギーの解放―クラックが進展するとき
 3.3 エネルギー解放率とコンプライアンス
 3.4 クラック長さの限界
 3.5 限界クラック長さの推定―グリフィスの式
演習問題

第4章 クラック先端の応力は?
 4.1 クラック先端近傍の応力場
 4.2 応力拡大係数
 4.3 特異応力場と変位場
 4.4 応力拡大係数の実際例
 4.5 応力拡大係数とエネルギー解放率の関係
演習問題

第5章 クラックまわりの塑性変形
 5.1 クラック先端近傍でのすべり
 5.2 クラック面上の塑性域寸法
 5.3 破損の条件
  5.3.1 応力ベクトルと応力成分
  5.3.2 せん断応力が作用しない面
  5.3.3 多軸応力下での破損則
 5.4 クラック先端近傍の塑性域
演習問題

第6章 クラックに対する材料の抵抗
 6.1 クラック材の破壊基準
 6.2 破壊じん性
 6.3 破壊じん性試験
 6.4 破壊じん性は試験片寸法に依存する?
演習問題

第7章 材料だって疲労する?
 7.1 繰返し荷重を受ける材料の振る舞い―クラック発生から破断まで
 7.2 クラックの進展速度
 7.3 疲労寿命を予知する
 7.4 設計のフィロソフィー
  7.4.1 応力解析による設計
  7.4.2 材料力学と破壊力学
  7.4.3 クラック進展解析による設計
演習問題

A 付録
 A.1 理想強度ってなに?
  A.1.1 理論へき開強度
  A.1.2 理論せん断強度
 A.2 八面体せん断応力ってなに?
 A.3 J積分ってなに?
  A.3.1 非線形弾性材料のエネルギー解放率―J積分
  A.3.2 J積分と荷重-変位曲線
  A.3.3 曲げ試験によるJ積分の評価
  A.3.4 弾塑性破壊じん性

文献
索引

  関連本

楽しく学ぶ 材料力学