朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.09.07

会社案内

サプライチェーンハンドブック

サプライチェーンハンドブック

A5/736ページ/2008年11月25日
ISBN978-4-254-27013-6 C3050
定価25,920円(本体24,000円+税)

A.G.デコック ・S.C.グレイブス 編/黒田充 ・大野勝久 監訳

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

〔内容〕序章/設計と計画―戦略的モデルと戦術的モデルに対する最適化技法の応用/設計:安全在庫配置とサプライチェーン構成/設計:柔軟な考察/延期の設計/契約によるサプライチェーンの調整/情報共有とサプライチェーンの協調/サプライチェーンマネジメントにおける戦術的計画モデル/計画階層性,モデリングおよび先進的計画システム/運用:直列および分配在庫システム/運用:受注組立生産システム/運用計画:計画概念の定義と比較/輸送運用のダイナミックモデル

編集部から

【監訳者序より】
 本書の特徴は,章によって若干異なってはいるが,取り上げられた個々の問題のモデリングにあるといえよう。問題が何であるか,またどのようにして解析が行われるかが,モデリングを通して具体的に示される。ときには現実を無視していると思われるような大胆な仮定が示されて一瞬たじろぐこともあるが,そのためにモデル自体は明快になって問題の本質がみやすくなり,読者の関心が高まるように思われる。数式の展開が行われることもあるが,複雑な解析過程は省略され,結論だけが示されていることが多い。概して,結論には現実的な意味がある。つまり,モデルを単純化する一方,現実的に意味のある結論を導くという方法論が用いられている。

執筆者一覧

【訳者】
黒田充,田村隆善,勝呂隆男,竹田賢,松井正之,山下英明,中出康一,伊呂原隆,大野勝久,中島健一

目次

第1章 序論
  1. はじめに
  2. サプライチェーンマネジメントをもたらした主要なビジネストレンド
  3. 本書の概要

I. サプライチェーンの設計

第2章 サプライチェーンの設計と計画:戦略的モデルと戦術的モデルに対する最適化技法の応用
  1. はじめに
 A. 生産/物流システム
  2. はじめに
  3. 区分的線形で凹の費用
  4. 全量割引のある輸送費用
 B. サプライチェーンの性能を改善するための価格設定
  5. はじめに
  6. 価格設定と在庫の意思決定の間の調整
  7. 有限な生産能力をもつ価格設定モデル
  8. 計算結果と考察
 C. ロジスティクスネットワークの設計
  9. はじめに
  10. 単一ソース・容量有限の施設配置問題
  11. 物流システムの設計問題
  12. 結論

第3章 サプライチェーンの設計 О汰敢澹貿枌屬肇汽廛薀ぅ船А璽鷙柔
  1. はじめに
  2. 安全在庫配置アプローチ
  3. モデルの定式化
  4. 重工業製品と梱包消費財製品の例
  5. サプライチェーンの構成
  6. 結論

第4章 サプライチェーンの設計◆Ы斉霎の考慮
  1. はじめに
  2. 製造の柔軟性に関する概念研究
  3. 柔軟性の高い機械設備への投資問題:生産量と混合の柔軟性
  4. 資源の柔軟性・範囲・機動性・均一性・スループット時間
  5. 柔軟性に関する調査実証研究
  6. サプライチェーンの柔軟性
  7. サプライチェーンの柔軟性の設計
  8. 結論

第5章 延期戦略の設計
  1. はじめに
  2. 延期戦略のイネーブラ
  3. プロセスの標準化
  4. プロセスの順序変更
  5. コンポーネントの標準化
  6. 関連する戦略とその他の効用
  7. 結論

II. サプライチェーンの協調

第6章 契約によるサプライチェーンの協調
  1. はじめに
  2. ニュースベンダー問題の調整
  3. 価格依存需要におけるニュースベンダー問題の調整
  4. 努力依存需要をもつニュースベンダー問題の調整
  5. 複数ニュースベンダー問題の調整
  6. 需要更新が行われる場合のニュースベンダー問題の調整
  7. 1か所の基点在庫モデルの調整
  8. 2か所の基点在庫モデルの調整
  9. 内部市場との調整
  10. 情報の非対称性
  11. 結論

第7章 情報共有とサプライチェーンの協調
  1. はじめに
  2. 情報の価値
  3. 情報共有とインセンティブ
  4. 今後の研究課題

第8章 サプライチェーンマネジメントにおける戦術的計画モデル
  1. はじめに
  2. 使用する記号について
  3. 定常かつ独立な需要
  4. 需要に関するその他の仮定
  5. 一般化
  6. 応用
  7. 結論と今後の方向

III. サプライチェーンの運用

第9章 階層的計画・モデル化・先進的計画システム
  1. サプライチェーンのタイプ
  2. サプライチェーン計画
  3. 先進的計画システム О貳姪構造
  4. 先進的計画システム◆特定のシステム

第10章 サプライチェーンの運用 直列および分配在庫システム
  1. はじめに
  2. さまざまな発注政策
  3. 直列システム
  4. 分配システムにおける補充点S政策
  5. 分配システムにおけるバッチ発注
  6. 結論

第11章 サプライチェーンの運用◆Ъ注組立生産システム
  1. はじめに
  2. 単一期間モデル
  3. 多期間・離散時間モデル
  4. 連続時間モデル
  5. システム設計に関する研究
  6. 要約と今後の方向

第12章 サプライチェーン運用計画:計画概念の定義と比較
  1. はじめに
  2. サプライチェーン計画の階層的性質
  3. サプライチェーン運用計画の制約条件
  4. サプライチェーン計画に対する数理計画モデル
  5. サプライチェーン計画に対する確率需要モデル
  6. 一般サプライチェーンに対するサプライチェーン計画概念の比較
  7. 要約と今後の研究課題

第13章 輸送作業の動的モデル
  1. 輸送における運用面の課題
  2. 一般的なモデル化のフレームワーク
  3. アルゴリズム的戦略
  4. 運用問題のモデル化
  5. 運用モデルに対する実施上の課題
  6. 要約

索引