朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2020.05.20

会社案内

シリーズ: シリーズ〈地域環境工学〉

農村地域計画学

農村地域計画学

A5/224ページ/2020年04月05日
ISBN978-4-254-44503-9 C3311
定価4,070円(本体3,700円+税)

渡邉紹裕 ・星野敏 ・清水夏樹 編著

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

農村を運営し発展させていくためには何を知る必要があるのか。日本の農村計画に関する標準的な知識体系を示し,「農村計画学」のスタンダードとなるテキスト。

執筆者一覧

編著者
渡邉紹裕(熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター)
星野 敏(京都大学地球環境学堂)
清水夏樹(神戸大学大学院農学研究科)
執筆者 
小田一彦
服部俊宏
鬼塚健一郎
田村孝浩
石井龍太郎
三宅康成
上野裕士
森本英嗣
山下良平
治多伸介
國光洋二
北村浩二
武山絵美
市田行信
九鬼康彰
坂田寧代
中島正裕
落合基継
内川義行
(執筆順)

目次

1章 農村地域の持続可能性
 1.1 日本の農村地域
 1.2 日本の農業と農村の課題
 1.3 農村の課題解決に向けて
2章 農村計画と農村ガバナンス
 2.1 農村政策の展開と農村計画
 2.2 所得向上重視期
 2.3 居住環境重視期
 2.4 農村持続性確保期
 2.5 計画からガバナンスへ
3章 農村土地利用計画論
 3.1 日本の農村土地利用の特徴と課題
 3.2 法定土地利用計画のしくみ
 3.3 人口減少社会への土地利用計画制度の適応
4章 農村景観の形成と保全
 4.1 農村景観とはなにか
 4.2 農村景観計画の立て方
 4.3 景観の客観的なとらえ方
 4.4 景観の評価手法
 4.5 農村景観に対する新技術の活用
 4.6 これからの農村景観計画
5章 農村地域の環境保全
 5.1 農村景観の成り立ちと特徴
 5.2 里地里山の生態系のしくみ
 5.3 生物多様性に対する国内外の取組み
 5.4 生物多様性に影響を及ぼす要因
 5.5 土地改良事業による環境との調和への配慮
 5.6 環境との調和に配慮した圃場整備事業の事例
6章 農業構造と農地の再編
 6.1 農業構造の変化
 6.2 農地の再編
 6.3 農地の有効活用のための計画―人・農地プラン―
 6.4 農業の新しい潮流
 6.5 農地再編の課題
7章 都市農村交流とグリーン・ツーリズム
 7.1 農村と都市との関係
 7.2 農村ツーリズムの導入
 7.3 日本型グリーン・ツーリズム
 7.4 インバウンド市場の拡大と新たな農村ツーリズムの担い手
 7.5 都市農村交流と農村ツーリズムがもたらすもの
8章 農村地域の資源循環と再生可能エネルギー
 8.1 農村地域の資源とその利用
 8.2 バイオマスの循環利用
 8.3 再生可能エネルギーの地消地産
 8.4 再生可能エネルギーの活用と地域発展
 8.5 農山村地域発のパラダイムシフト
9章 農業の生産基盤整備
 9.1 圃場整備による農地保全の効率化
 9.2 換地制度の概説
 9.3 圃場整備の実現手法
 9.4 包括的な農業農村整備への展開
10章 農村地域の生活環境整備
 10.1 生活環境整備の重要性と歴史
 10.2 生活環境整備の体系
 10.3 生活環境整備の計画
11章 農村地域のストックマネジメント
 11.1 社会資本ストックの状況
 11.2. 農業水利施設のストックマネジメント
 11.3. ライフサイクルコスト評価手法
12章 農村地域の鳥獣害対策
 12.1 農村における人と野生動物の関係
 12.2 農林水産被害をもたらす鳥獣の位置付け
 12.3 鳥獣の生態と被害対策
 12.4 生態系を守るための鳥獣管理
13章 コミュニティ計画
 13.1 高まるコミュニティという計画単位の重要性
 13.2 コミュニティ計画の変遷と現代における意義
 13.3 農村におけるコミュニティ計画の特徴
 13.4 農村のコミュニティ計画の作成方法
 13.5 問われるコミュニティの将来像
14章 農村定住と生活拠点
 14.1 農村地域の人口減少と限界集落
 14.2 「田園回帰」と「小さな拠点」
 14.3 先行事例を踏まえた小地域単位の生活拠点の整備のあり方
 14.4 農村地域における人の課題解決に向けて―交流人口・関係人口・定住人口―
15章 農村地域の防災・減災と復興
 15.1 農村地域における災害の多発
 15.2 災害発生で起こることと,それへの対応
 15.3 災害に備え,災害に対応する農村計画
 15.4 過去の教訓から学ぶ―現場知―
 15.5 おわりに―災害を考慮した地域再編などの計画のあり方―
コラム
 農村計画推進と地域の話し合い
 兵庫県における日本型直接支払への取組み
 都市農業の振興
 農村協働力(ソーシャルキャピタル)
 コミュニティ・ビジネス