朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.12.07

会社案内

造園実務必携

造園実務必携

四六/532ページ/2018年12月01日
ISBN978-4-254-41038-9 C3061
定価8,856円(本体8,200円+税)

藤井英二郎 ・松崎喬 編集代表/上野泰 ・大石武朗 ・中島宏 ・大塚守康 ・小川陽一 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

現場技術者のための実用書:様々な対象・状況において,自然と人が共生する環境を美しく整備・保全・運用するための基本的な考え方と方法,既往技術の要点を解説。〔略目次〕基礎・実践・課題(多摩ニュータウンの実例)/計画/設計/エレメントディティール/施工/運営と経営/法規と組織,教育〔内容〕土地利用/まちづくり/公園/住宅地/農村/水辺/遺跡/学校/福祉施設/オフィス/園路/広場/舗装/植生/環境基本法/都市計画法/景観法/文化財保護法/他

編集部から

本書について〈序文より抜粋〉
 タイトルに造園を含む図書は数多くある。しかし,それらは既往の個別技術について詳述してはいても,それをもとに課題にどう取り組むかについてはあまり触れていない。個別の既往技術をそのまま適用できるわけではなく,既往技術を踏まえながらも,当面する課題・状況に合わせて新たな視点からの工夫・検討を加えなければならない。(中略)
 本書は,造園の各分野で日々実践を重ねている執筆者が,その経験を踏まえてまとめたもので,人の生活環境を美しく整備・運営しようとする人々が現場に携え,基本的考え方と方法を確認し,それに関わる既往技術を振り返る手引き書となるよう構成した。したがって,造園を専門とする人々はもちろん,土木や建築,さらには地域の環境を良くしようと取り組んでいる方々や自然の保全・再生に取り組む市民グループなど,生活環境に関わる多くの方々に活用いただければ幸いである。

執筆者一覧

〈編者代表〉
藤井英二郎
1951年生まれ.千葉大学,ニューヨーク州立大学,韓国慶熈大学付属デザイン研究院などを経て,現在千葉大学名誉教授.専門は造園学,環境植栽学.著書『見る庭と触れる庭―日本人の緑地観』(淡交社,1995)など.

松崎 喬(まつざき たかし)
1941年生まれ.松崎喬造園設計事務所などを経て,現在大日本コンサルタント株式会社景観デザイン室勤務.著書『自動車道路のランドスケープ計画―環境と景観の立場からみた道路づくり』(ソフトサイエンス社,1997,共著)など.

編集委員

(代表)
藤井英二郎 千葉大学名誉教授
松崎 喬 大日本コンサルタント株式会社

上野 泰 ウエノデザイン
大石武朗 前日本住宅公団(都市再生機構)
中島 宏 都市防災美化協会
大塚守康 株式会社ヘッズ
小川陽一 古都飛鳥保存財団

目次

第1章 造園の基礎と実践   
 1.1 造園の基礎  
 1.2 造園の実践  
 1.3 造園の課題  
第2章 造園の計画   
 2.1 造園計画の基本  
 2.2 土地利用計画  
 2.3 都市・まちづくり計画  
 2.4 都市公園計画  
 2.5 農村計画  
 2.6 自然公園計画  
 2.7 自然環境保全計画  
 2.8 水辺計画  
 2.9 植生計画  
 2.10 史跡・遺跡整備計画  
 2.11 景観計画  
   
第3章 造園の設計   
 3.1 造園設計の基本  
 3.2 住宅地  
 3.3 都市公園  
 3.4 プレーパーク  
 3.5 自然公園  
 3.6 リゾート施設  
 3.7 博覧会・フェア会場  
 3.8 運動場  
 3.9 植物園・動物園  
 3.10 学校  
 3.11 病院・福祉施設  
 3.12 博物館・美術館  
 3.13 官公庁  
 3.14 オフィスビル  
 3.15 工場  
 3.16 住宅団地  
 3.17 道路・街路  
 3.18 水辺  
 3.19 自然再生設計  
 3.20 特殊緑化  
 3.21 日本庭園・茶庭  
 3.22 庭園遺構  
 3.23 設計監理  
   
第4章 エレメント・ディテールの設計   
 4.1 エレメント・ディテールの考え方  
 4.2 ランドフォーム  
 4.3 園路  
 4.4 広場  
 4.5 舗装  
 4.6 水景  
 4.7 植栽  

第5章 造園施工   
 5.1 造園工事の基本  
 5.2 基盤造成  
 5.3 施設施工  
 5.4 植栽施工  
 5.5 造園工事における機械・道具の選択  
 5.6 施工管理  
   
第6章 造園管理   
 6.1 造園管理の基本  
 6.2 造園空間の管理  
 6.3 施設管理  
 6.4 植栽管理  
 6.5 生態系管理  
   
第7章 運営と経営   
 7.1 造園における運営・経営の基本  
 7.2 パークマネジメント  
 7.3 住民参加  
 7.4 エリアマネジメント  
 7.5 戸建住宅地の環境管理  
 7.6 集合住宅の環境管理  
 7.7 里山の運営と経営  
 7.8 自然公園の利用と管理  
第8章 造園関係法規と組織,教育    
 8.1 造園関係法規の構成と運用のあり方  
 8.2 造園関係法規をめぐる動向  
 8.3 環境基本法  
 8.4 都市計画法・生産緑地法など  
 8.5 都市公園法・都市緑地法  
 8.6 景観法  
 8.7 自然公園法・自然環境保全法  
 8.8 生物多様性基本法  
 8.9 文化財保護法  
 8.10 環境影響評価法  
 8.11 農薬取締法  
 8.12 造園実務業界の組織・資格  
 8.13 造園の継続教育  

  関連本

まちを読み解く

ヒートアイランドの事典

大気・水・土壌の環境浄化 みどりによる環境改善

ランドスケープと都市デザイン

花の園芸事典