朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.11.05

会社案内

シリーズ: 朝倉日本語講座

音声・音韻 (新装版)

音声・音韻

A5/304ページ/2018年05月10日
ISBN978-4-254-51643-2 C3381
定価3,672円(本体3,400円+税)

北原保雄 監修/上野善道 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

〔内容〕(現代日本語の)音声/(現代日本語の)音韻とその機能/音韻史/アクセントの体系と仕組み/アクセントの変遷/イントネーション/音韻を計る/音声現象の多様性/音声の生理/音声の物理/海外の音韻理論/音韻研究の動向と展望/他

執筆者一覧

【監修者】北原保雄
【編集者】上野善道
【執筆者(執筆順)】斎藤純男,高山知明,柳田征司,上野善道,中井幸比古,郡 史郎,豊島正之,相澤正夫,新美成二,佐藤大和,高橋幸雄,高山倫明,久保智之,上野和昭,松森晶子

目次

第1章 現代月本語の音声―分節音と音声記号
 1. 音声
 2. 母音とその分類
 3. 子音とその分類
 4. 現代共通日本語の音声
第2章 現代日本語の音韻とその機能
 1. 濁音の現れ方
 2. 母音連続の現れ方
 3. 和語の長母音a:
第3章 音韻史
 1. 音便の生起
 2. 音便の一般化
 3. 音便の定着
第4章 アクセントの体系と仕組み
 1. アクセントの体系
 2. アクセントのとらえ方
 3. モーラか音節か
 4. 所属語彙から見るl
第5章 アクセントの変遷
 1. 用語の整理
 2. 院政期のアクセント
 3. 鎌倉期のアクセント
 4. 南北朝期のアクセント変化
 5. 室町期以降の京阪アクセント
第6章 イントネーション
 1. 用語
 2. イントネーション研究の現状と課題
 3. イントネーションの構成要素
第7章 音韻を計る
 1. 計量による判断
 2. 音素対立の効率から見た濁音とアクセント
 3. 音素の機能負担量
 4. 計量における精度と同一性認定の間題
第8章 音声現象の多様性
 1. 音声現象の広がりと多様性の把握
 2. 音声(分節音)の多様性―北海道方言のガ行鼻音―
 3. アクセントの多様性―東京方言のアクセント―
第9章 音声の生理
 1. 声のエネルギー源
 2. 声の音源
 3. 声の共鳴:調音(構音)
第10章 音声の物理
 1. 音の波
 2. 音声を分析するモデル
 3. 声道の特性
 4. 音声信号の分析
第11章 海外の音額理論
 1. 音韻理論の目標
 2. 現代の昔韻理論の主要な構成部分
 3. 音韻論に対する極小主義的アプローチ
第12章 音韻研究の動向と展望1(文献中心)
 1. 研究史概観
 2. 近年の動向
 3. 今後の課題
第13章 音韻研究の動向と展望2(現代語中心)
 1. 構造主義的音韻論
 2. 生成文法の音韻論
第14章 アクセント研究の動向と展望1(文献中心)
 1. アクセント史資料の研究
 2. 日本語アクセントの形成・上代アクセントへの言及
 3. 文献アクセント史と方言アクセント
第15章 アクセント研究の動向と展望2(現代語中心)
 1. 日本におけるアクセント研究史
 2. アクセント研究の今後
索 引